Skip to content

総量規制の対象となるカードローン、ならないカードローン

貸金業法の改正により総量規制法が施行され、消費者金融のカードローンなどは年収の3分の1の借り入れが限度となりました。
貸金業者ではない銀行のカードローンは貸金業法が適用にならないため、総量規制対象外となっています。
銀行のカードローンは、銀行法が適用となります。
(1)総量規制対象のカードローン
総量規制対象となるのは、消費者金融カードローン、信販会社カードローンなどです。
■消費者金融カードローン・・・貸金業者によるカードローンのことをいいます。(アイフル、アコム、プロミス、モビットなど)
■信販会社カードローン・・・クレジットカードを発行する会社によるカードローンです。(エポスカード、クレディセゾンMONEY CARD、オリックスVIPローン、オリコ クレストなど)

(2)総量規制対象外のカードローン
総量規制対象外となるのは、銀行のカードローンです。
■銀行のカードローン・・・銀行で運営しているカードローンです。
(三菱東京UFJ銀行カードローン、じぶん銀行カードローン、住信SBIネットカードローン、みずほ銀行カードローン、
三井住友銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、りそなプレミアムカードローンなど)
新しく、新生銀行の傘下となったレイクも総量規制対象外です。

韓国旅客船沈没が悲しい

韓国の南西部沖で16日午前に旅客船沈没事故が起こりました。
ニュースではなんども沈没の映像が流されていますが、これが本当に凄まじくてとても心を痛めています。
今のところ、死者が4名となり依然として290名以上が行方不明となっています。

映像を見た限りだと、沈没してしまった船は10分ほどで逃げないと外へ出られない状態でした。
この旅客船には修学旅行途中であった高校生が多く乗船していたようで、この悲報を知った家族が今か今かと子供の無事を祈って、朗報を待っています。

多くの家族が悲痛な思いでわが子の無事を祈っているのかと思うと、今でも本当に切ないですし、一人でも無事に救助されることを祈っています。
まさにあの「タイタニック号」を思わせるかのような沈没事故で、多くの方が混乱の中逃げ遅れてしまったのではないかと思います。

季節は春になったとは言え、まだまだ夜の海の冷たさは厳しいものがあります。
早く一人でも多く救出されますように。

三陸鉄道の全面復旧、被災地全体復興の大きな精神的支えとなることを期待!

東日本大震災の津波被害で部分的に不通だった三陸鉄道が6日、北リアス線の田野畑-小本間の10.5キロ部分が再開し、3年ぶりに全線107.6キロが復旧したそうですね。

今回最期に再開した区間にある島越駅は、無残にも津波で駅舎ごと流されてしまいましたが、数百メートル田野畑寄りに移設して設置されました。久慈発宮古行きの始発列車が島越駅に到着すると、大漁旗と横断幕(「おかえり三鉄。ここから未来へ」とのメッセージ)に出迎えられ祝福ムードが漂いました。

災害直後の被害状況から一時はどうなるのかと心配しましたが、被災後わずか3年で前線復旧となったのは三陸鉄道役職員、並びに地元の皆さんの復興に向けての努力の賜物と深く敬意を表したいと思います。

一方、被災地全体の復興は、様々な問題が原因となってなかなか思うように進んでいないのが現状です。しかしながら、諸問題を一つ一つ解決していけば必ず最終的には復興を成し遂げられると思います。そのような復興作業にあたって、三陸鉄道の全面復旧は大きな精神的支えとなると思います。まさに、さきほどの横断幕のメッセージのように、未来に向かって被災地の方々が協力しあって復興活動を行なっていって欲しいと思います。

これで終わりか

みなさんもよくご存知の笑って!いいとものトリがビートたけしというのはかなり感深いものがあります。結構前から笑って!いいともの視聴率低迷が叫ばれていましたが、それでも終わるというのは考えにくかったです。

それぐらい長い間やってきたお化け番組であり、多くの方に馴染みの番組だったからです。
ですから、いくら視聴率が落ちてきたといってもなんとなくこれからも続けていくイメージが漠然とありました。

でも、その番組もついに幕を閉じます。ここにまたテレビの歴史に残る番組に終止符が打たれます。テレビというのは視聴率で決まる宿命とはいえ、なんだか寂しいという気持ちがあります。

でも、30年以上続いたこの番組の最後のテレフォンショッキングにビートたけしが出てくれるというのは良かったと私は思います。

これで確実に最後のテレフォンショッキングは楽しいものになる事は間違いないからです。
変にお涙頂戴で終わらせるよりはこの方が良いと思います。

ロンブー淳、挙式で相方に涙で感謝

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんがハワイで挙式をすでにあげていたそうです。
ロンドンハーツでその模様が放送されていましたが、とても良い挙式だったと思います。
司会の出川さんと狩野さんが彼らなりに一生懸命盛り上げようとしていましたし、式に参加した芸人さん達も涙をいっぱい見せながら淳さんの幸せを祝福していました。

感動に包まれている式の中で笑いをしっかり取った狩野さんの即興ソングはもっと聴きたかったです。
相方の亮さんもお酒の力でいつも以上に饒舌だったりしましたが、心の底から相方の結婚を喜んでいる姿が素晴らしかったです。

淳さんの涙と言えば芸人さんをドッキリに引っかけて涙を流しながら笑っている印象しかありませんでしたが、感涙している姿を初めて見て本当に嬉しくてたまらない気持ちが伝わってきました。
相方の亮さんを「僕にとって不可欠な太陽みたいな存在」と評し感謝を伝えていたことも好感が持てました。

全体的に淳さんと芸人仲間の繋がりや絆がとても印象深かったです。
心から祝福してくれる人が沢山いて羨ましいと思いました。

C大阪に徳島負ける・・・徳島に勝つ道はあるのか

J1は第2節が行われ、セレッソとガンバの大阪勢が今季初勝利を飾っている。広島と横浜FMが連勝を飾って抜けだした感じはあるが、まだまだ序盤ということもあって巻き返しは十分可能である

ところがそうも言っていられないチームが1つだけある。それは今年J1へ昇格した徳島ヴォルティス。初戦は鳥栖相手に0-5で大敗を喫すると、今回はセレッソ大阪に0-2で敗れた。前半の15分だけで2失点を重ねてしまい、その後相手ゴールを揺らすことも出来ずに試合に敗れた。現在最下位を独走している状況である

徳島は選手層が薄いとも言われているが、それ以前に守備に問題を抱えているように感じる。2戦目も途中までは明らかに守備が薄く、ボールを支配される時間はかなり多かった。この点の対策をしなければ、勝つことはできないのではないかと思う
また攻撃もフィニッシュに結び付かず、J1のチームと闘うには足りていない感じである。引き分けでも良いから勝ち点が欲しい所だが、その道が見えてこないのは深刻と言える。何とかして勝てる要素を見出し、J1で通用する所を見せてほしい

原発再稼働を認める政府のエネルギー基本計画案での方向転換は正に現実的対応

2月26日人民日報によると、日本政府は25日、新たな「エネルギー基本計画」の政府案をまとめ、原子力発電を「重要なベースロード電源」とし、安全基準に適合することを条件として原子力発電所の再稼働を推進する方針を明らかにしたそうです。中国でも日本のエネルギ問題への取り組み姿勢の関心の高さが見て取れます。

政府案では、原発を火力発電と同様の重要電源と位置づけ、原子力規制委員会が安全性が認められた原発は再稼働する方針を明示しています。また、原発が占める比率は下げますが、新たな原発建設の可能性は残しています。福島第一原発事故後の民主党政権の「原発ゼロ」からの大きな方針転換となります。

私が思いますに、この方向転換は正に現実的対応だと思います。民主党政権が目指していた「原発ゼロ」は、今現在の対応としては現実的ではありません。そのような事をしては、火力発電による大幅コスト高による電気料金の高騰、不測の事態による電気供給大幅不足等多くの弊害が生じます。原発ゼロは時間をかけて推進していくこととし、その間、安全性の確認ができた原発だけを稼働させ、自然エネルギーの開発等を推進していくべきです。

金メダルの行方

今夜いよいよ女子フィギュアSPがスタートしますが何と言っても期待するのは浅田真央選手の
演技と金メダルの行方ではないでしょうか?

フィギュア団体戦ではトリプルアクセルを失敗し心配していましたがその後の練習ではトリプルアクセルを成功させているので今夜のSPは期待出来ると思います。
しかしながら今回のソチオリンピックは金メダル候補が浅田真央選手以外にも浅田真央のライバルと言われている韓国のキム・ヨナ選手にフィギュア団体戦で華麗なる演技をして注目を集めたロシアのユリア・リプニチカヤ選手・もちろん日本の鈴木明子選手に村上佳菜子選手も十分にメダルが届く実力があると思います。

前回のバンクバーオリンピックでは惜しくも銀メダルとなった浅田真央選手、今回のオリンピックで引退を示唆していますので集大成とも言われる完璧な演技を期待しながら今夜のSPを見たいと思います。浅田選手は午前4時20分ごろ・キム・ヨナ選手は午前2時24分ごろに登場するので眠たい目を擦りながら観戦したいと思います。

まだ余裕がありそうです

ソチオリンピックのスノーボードの試合の予選をテレビで見ています。
1組目の2番手で出て来たのが日本の平野歩夢選手で、余裕で92点台を出して決勝戦進出になりました。

それにしても、アメリカのスノーボードの王者、ショーンホワイトはすごいなと思います。
高さがもの凄くあって、ワザも素晴らしいものがあり、3連覇するんじゃないかな、と思わせる勢いがあります。日本の平野歩夢選手も15歳と若いですが、ショーンホワイトと争って勝って欲しいと思います。

こんなにスノーボードの試合を真剣に見たのは始めてで、ワザの種類など、良くわかりませんが、見ているとすごくカッコいいと思います。
決勝は夜中になりそうなので、ライブでは見ることができそうにありませんが、絶対にメダルをとって欲しいと思います。

平野歩夢選手は15歳とは思えないほど落ち着いていて、決勝戦が楽しみです。
ショーンホワイトに勝って金メダルをとってくれたら、歴史が変わるなと思います。

バレー全日本男子の監督交代~何のために招集したのかわからない

元々男子バレーは体格差で苦しんでいることもあり、これと言った成果を上げられずにいる。海外の選手は2メートル級は当たり前と言われており、身長で駄目ならテクニックやチームプレーでカバーするのが普通である。今の日本バレーには、身長以上のテクニックが求められていると考える

それを期待してゲーリー・サトウを監督に招集したのだが、本日交代することが決まった。確かに監督が変わって以降、まともな成果は上がっていない。海外と同等のバレーをするどころか、後退しているようにすら思える。しかし、このタイミングで買える必要はあったのかと考える

もう少し様子を見ても良かったのではないかと思う。確かにちぐはぐな攻撃が続いていたのは事実だが、上手く攻撃が出来ていた試合もあった。もう少し技術が付けば、勝てる試合もあったのではないかと思う。しかしバレー協会はそれを許さず、新たな指導者に日本バレーを託すことにした

次の監督が誰になるかはわからないが、この流れをどのように巻き戻すのかが注目される。再び弱小チームになってしまうのであれば、この交代も意味をなさない

フォアグラの生産方法が残酷というのもどうかと思う

 ファミリーマートがお弁当の新商品で、ハンバーグ弁当にフォアグラをつけた「ファミマプレミアム黒毛和牛入りハンバーグ弁当~フォアグラパテ添え」(690円)というお弁当を28日から販売予定でしたが、急きょ販売が中止になってしまいました。

 販売中止の理由は、フォアグラの生産過程がガチョウやカモを無理やり太らせて飼育するという方法が残酷だと消費者から指摘があり、ファミリーマートは「商品でお客さまに不快な思いをさせるのは本意ではない」との理由で販売を中止にしました。

 どんな生き物も生きていくためには動物を殺して食べているわけであり、フォアグラを残酷と言うならばこっちの方がもっと残酷であり、残酷だと指摘してきた人もそれらのものを食べているわけであるので、フォアグラを残酷というのもどうかと思います。
 指摘をしてきた人がかなりの数であればこの措置もやむを得ないのかもしれませんが、ほんの数人のようで、フォアグラを使った商品は世界中で売られているわけだし、中止しないで販売してもいいのではないかと思います。